PROFILE

BIOGRAPHY

横山 弥生YAYOI YOKOYAMA

大同大学 情報学部情報デザイン学科教授
CGアーティスト

1960年  静岡県清水市生まれ
1983年  武蔵野美術大学造形学部油絵学科 卒業
現在  大同大学 情報学部 情報デザイン学科 教授

EXHIBITIONS

個展

2000
「花の色・花の形」World Design City Active G,岐阜
2006
「BLOSSOM-私的シンメトリーの系譜-」ノリタケの森,名古屋,愛知
2014
「The dream of Geometry CGによる幾何学をアートにする試み」名古屋大学プロジェクト ギャラリー「clas」,名古屋,愛知
2015
「EVERLASTING」Medialia ... Rack and Hamper Gallery,NY,USA
2019
「One Or Other」ICCS,NY,USA

グループ展

1983
「表現の重層化展」メビウス画廊,六本木,東京
1991
「Digital Image 1991東京展」銀座ワシントンアート,銀座,東京
「Digital Image 1991富山展」富山市民プラザ,富山
「NECアートフェア CG作家選抜4人展」幕張メッセ,幕張,千葉
「新浦安サイバーアート・フェスティバル‘91」浦安市民プラザWAVE101,浦安,千葉
「ハイテクアート1991」銀座松屋,銀座,東京
1992
「Imagina’92」モンテカルロ
「Digital Image 1992東京展」銀座ワシントンアート,銀座,東京
「Digital Image 1992富山展」富山市民プラザ,富山
1993
「Digital Image 1993東京展」銀座ワシントンアート,銀座,東京
「Digital Image 1993大阪展」 大阪現代美術センター,大阪
1994
「Digital Image 1994東京展」銀座ワシントンアート,銀座,東京
「Digital Image 1994大阪展」大阪現代美術センター,大阪
1995
「Digital Image 1995東京展」銀座ワシントンアート,銀座,東京
「Digital Image 1995大阪展」大阪現代美術センター,大阪
1996
「Digital Image 1996東京展」銀座ワシントンアート,銀座,東京
「Digital Image 1996大阪展」大阪現代美術センター,大阪
1999
「Digital Image 1999東京展」 銀座ワシントンアート,銀座,東京
「Digital Image 1999大阪展」 大阪現代美術センター,大阪
「WORLD PC EXPO’99 Digital Image Gallery in 幕張」 幕張メッセ,幕張,千葉
2000
「Digital Image 2000東京展」原宿ネスパス,原宿,東京
「Digital Image 2000大阪展」大阪現代美術センター大阪
2001
「ACM SIGGRAPH 2001 Art Gallery」 Los Angels Convention Center, Los Angels, USA
(ACM SIGGRAPH 2001 Art Gallery入選)
「Computer Art Festival」St.Francis University
「Digital Image 2001東京展」原宿ネスパス,原宿,東京
「Digital Image 2001大阪展」大阪現代美術センター大阪
2002
「Digital Image 2002東京展」東京都写真美術館,目黒,東京
「Digital Image 2002大阪展」大阪現代美術センター,大阪
2003
「ACM SIGGRAPH 2003 Art Gallery」San Diego Convention Center, San Diego,USA
(ACM SIGGRAPH 2003 Art Gallery入選)
「Digital Image 2003東京展」東京都写真美術館,目黒,東京
「武蔵野美術大学シルパーコーン大学交流展」シルパーコーン大学,Bangkok,Thailand
2004
「Digital World in 新潟」 新潟
「Digital World in 沖縄」 沖縄
2006
「Digital Image 2006東京展 15周年記念展」0美術館,品川,東京
2008
「CAD RP Modeling展」大同工業大学 ,名古屋,愛知
2009
「ACM SIGGRAPH ASIA 2009 Art Gallery」 パシフィコ横浜,横浜,神奈川
(ACM SIGGRAPH ASIA 2009 Art Gallery入選)
2010
「HARMONY 2」INTERNATIONAL CENTER OF CCCS, NY, USA
2011
「ACM SIGGRAPH ASIA 2011 Art Gallery」 Hong Kong Convention& Exhibition,Center,Hong Kong
(ACM SIGGRAPH ASIA 2011 Art Gallery入選)
2012
「HARMONY 3」INTERNATIONAL CENTER OF CCCS, NY, USA
「Holiday Show Part One and Part Two」Gallery one twenty eight, NY, USA
2013
「Nuance in Nuance」 Gallery one twenty eight, NY, USA
「Holiday Popsicle Show」Gallery one twenty eight, NY, USA
2014
「TRIANGLE」INTERNATIONAL CENTER OF CCCS, NY, USA
2015
「MYSTIQUE」INTERNATIONAL CENTER OF CCCS, NY, USA
2017
「NEW IDEAS IN MEDALLIC SCULPTURE」Medialia ... Rack and Hamper Gallery,NY,USA / Faculdade de Belas Artes De Universidade de Lisboa,Lisbon / Daido Univ.
2018
「NEW IDEAS IN MEDALLIC SCULPTURE」Medialia ... Rack and Hamper Gallery,NY,USA / Faculdade de Belas Artes De Universidade de Lisboa,Lisbon / Daido Univ.
「RESONANCE」YN96, NY,USA
2019
「第51回フィンランド美術賞展」Alajarvi,Finland
2020
「第33回パリ国際サロン」Espace Commines,Paris,France
「第21回日本・フランス現代美術世界展」国立新美術館,東京
「Salon d'automne Japanese artist exhibition」 Gallery Europe, Paris,France
「PRINTS ON B’DWAY」Gallery Max, NY,USA
2021
「第34回パリ国際サロン」Espace Commines,Paris,France
「第22回日本・フランス現代美術世界展」国立新美術館,東京
「Salon d'automne 2021」 Champs-Elysees special venue, Paris,France
「第53回スペイン美術賞展」Universidad Pontificia Comillas, Comillas,Spain
2022
「Le Salon2022」Grand Palais Ephemere, Paris,France
「TOKYO世界展 in FRANCE 2022」Rambouillet ,France
「第23回日本・フランス現代美術世界展」国立新美術館,東京
「PEACE 2022」Gallery Max, NY,USA
「Salon d’automne 2022」Champs-Elysees special venue, Paris,France
「PRINTS ON B’DWAY」Gallery Max, NY,USA
「丸善・丸の内アートフェア2022」
2023
「Le Salon2023」Grand Palais Ephemere, Paris,France

AWARDS

1988
「Scene of Summer-Early Summer・Last Summer-」 Picture Festival AVA '88 CG Division Personal Computer Grand prix
2001
「Crystal Flower」ACM SIGGRAPH 2001 Art Gallery入選, Los Angels Convention Center, USA
2003
「Crystal Box」 ACM SIGGRAPH 2003 Art Gallery入選, San Diego Convention Center, USA
2009
「Ballerina」ACM SIGGRAPH ASIA 2009 Art Gallery入選, Pacifico Yokohama, Japan
2011
「Dancing」 ACM SIGGRAPH ASIA 2011 Art Gallery入選, Hong Kong Convention & Exhibition Center, Hong Kong
2019
「Barcelona#4」第51回フィンランド美術賞展準大賞,Alajaörvi,Finland
2020
「Nocturne#1」第21回日本・フランス現代美術世界展サロン・ドトーヌ賞,国立新美術館,東京
2021
「TABOO」第22回日本・フランス現代美術世界展パリ国際サロン賞,国立新美術館,東京
2022
「Days gone by#2」第23回日本・フランス現代美術世界展パリ国際サロン賞,国立新美術館,東京

ARTIST STATEMENT

  • テーマ

    美術大学卒業まで油絵を描いていましたが、80年代半ばからコンピュータを使い制作を始めました。3DCGに出会った際、絵画の世界にカメラワークを取り入れたような興奮を感じたことを覚えています。しかし、私は流れて行くようなCGアニメーションにはあまり興味は無く、静止画の作品を制作し続けています。その背景にはやはり油絵を描いていたことが影響しているような気がします。

    長年色彩よりかたちや構成に興味を持っており、それらを利用した作品はメッセージに基づいているというより、心象風景を反映しています。そのような抽象的なテーマは、写実的な作品よりも不明瞭に思われるかもしれませんが、私自身のありのままの精神状態を描き出しており、具象画よりも深く感情を伝えることができるでしょう。

  • 制作の方法

    私の作品は固定の形体に捕われないこと、また数値によって形を変える動的な表現として画面構成をすることの重要性にフォーカスしています。最近の作品制作の主な方法は、最初に関数による立体ジオメトリック形態を発生させ、その後オリジナルパターンと重ね合わせます。

    コンピュータによる作品の創作は、自分の意志と予期出来ないものとのバランスの世界で、偶発的とはいえませんが、この小さな驚きで制作がどんどんおもしろくなるものです。それがコンピュータで表現する最大の可能性だと信じ、試行錯誤しながら制作を続けて来ました。

  • こだわり

    私の作品は生物的かつ有機的な印象もあります。花や木のかたち、魚の動き、水面の波紋などの自然の中の有機的な印象やダイナミックな動きを眺めるのが好きで、常に日々の中の様々なものの中に規則性を探します。しかし、規則だけにこだわってものを見ないようにしています。かたちとかたちの間にも静と動があり、その間の空気を読むとか空間を見るとか、そこから発想することが重要だと思います。

    私達は絵を見る際に、最初は全体の構成に目が向き、それから細かい部分を見ようとします。つまり、全体と細部は互いに作用し合っており、バランスを取り合っているものです。バランスが良過ぎても駄目で、自分が落ち着けるギリギリのバランスがあります。試行錯誤をしながら制作を続け、これだと思えるバランスや調和を見いだした時にようやく満足ができます。

CONTACT

お問い合わせはお気軽にご連絡ください。
メールでのお問い合わせのみとさせていただきます。

y.yokoyama0308@gmail.com